NEWCOMER/SHOWCASE #1 - 5

日時:2017年9月18日(月・祝)15:00

会場:ArtTheater dB Kobe

# 1  山崎広太

山崎広太作品では、劇場の全面をつかい、様々な場所で同時にパフォーマンスが発生、ダンスが生まれるプロセスを体験するような鑑賞型には収まりきれない公演へ!

Photo : Miana jun

# 2  ジェコ・シオンポ

ジェコ・シオンポ作品は、ジェコの〈アニマル・ポップ(パプア地方の民族舞踊+ヒップホップ)〉という独自のスタイルで、新長田の街なかを闊歩する!

下町芸術祭「KOBE-Asia Contemporary Dance Festival #4」オープニング作品

日時:2017年11月3日(金)、4日(土)、5日(日)

   全日程14:00

会場:新長田の街

# 3  山下残

山下残作品は、ダンスの伝承の現場を舞台上で再現、6期生それぞれの個性を最大限に活かした、ユーモアとニヒルなセンスが光る新作の上演!

「KOBE-Asia Contemporary Dance Festival #4」クロージング作品

日時:2017年11月25日(土)14:00 

会場:ArtTheater dB Kobe

#  4   平原慎太郎 

平原慎太郎作品は、新作クリエイションを通じ、各々に眠るフィジカル、メンタル両方のポテンシャルの気づき方、引き出し方を学びながら、日本語の「身体」という言葉の成り立ちをヒントに作品を制作!タイトルは『+0>0−0』

日時:2017年12月21日(木)20:00 

会場:ArtTheater dB Kobe

# 5  伊藤千枝

伊藤千枝作品は、2007年初演の

『あなたの寝顔をなでてみる。』を完全振付目標!(たぶん抜粋!)ポップでカワイイ伊藤千枝の作風を余すことなく見せ、高度なダンステクニックを要する作品に挑戦!

日時:2018年1月28日(日)①14:00、②17:00 会場:ArtTheater dB Kobe

Photo : Yota Kataoka

5名のアーティストの作品に取り組み上演する  「NEWCOMER/SHOWCASE #1〜5」は、2017年9月から2018年1月にわたって実施します。

​〈第6期〉の特徴は、新たに海外(アルゼンチン、イスラエル、オーストラリア、トーゴ)からの参加者が加わること。新たな「国内ダンス留学@神戸」の船出です。

チケットご予約受付中!どうぞお楽しみに!!

​